2018年夏のバンクーバーに向けて😃

今年の夏のバンクーバー。


子どもたちは、下は年少さんから上は中学一年生までの6家族。

借りている2軒は満室となりました。目一杯、楽しく過ごしてきたいと思います😃


私たちの夏の留学プログラムは大きな規模のものではありません。

このまま、あまり大きくしないで行きたいと話しています。

大人数を受け入れて、さばいて、それぞれの事務手続きだけを代行することで利益は出るのかもしれないけれど、それは私たちのしたいことではないからです。


ホテルに滞在するのではなく、シェアハウスの同じ空間で過ごすことで、子どもたちは時々ぶつかります。

それは当たり前。


去年も、男の子同士は些細なことでケンカしたり、仲直りしたり、またケンカしたり。

でも、それでいいんです。

帰国後は兄弟のようになって、彼はまた今年、参加してくれます。


最近、子ども同士のケンカをあまり見なくなりました。

ついつい大人が過敏になって仲裁しちゃったり、先手をうって落ち着けようとしちゃったり。

それはそれでいいのだけれど。


本来、子ども同士のトラブルは子ども同士で解決できるといいなと思っています。


絶対出来ないじゃん、と我慢して見ていると、案外ケロっとできちゃったりします。

大人が口を挟んだり余計な仲裁をすることで、子どもたちのせっかくの成長の機会を奪ってしまっているような気がします。


ケンカしたりトラブルがあったら。まずは見守って、様子を見て。


困っているようだったら、解決の方法をそっと提案してあげればいいのだと思います。


大人はつい、代わりに解決してあげたくなりますが、それでは子どもは育ちませんもんね。


たくさん笑って、ケンカもして、仲直りして。

でも時々宿題もしなきゃね😁


親子でそれぞれ、成長できる夏になるといいな。

今年は、ママの一人が一週間ガッツリ英会話学校に通う予定です。頑張れ!


今年の夏も楽しみです。


来年は1軒の豪邸を借りて大人数でシェアハウスも楽しいだろうなあ、、、などと思ってみたりしています😃


Dream Explorer ドリームエクスプローラー

これからの子どもたちに必要なことってなんだろう?   自分の考えをしっかり持ち、 自分とは違う意見を持つ多様な人たちとのコミュニケーションを楽しめる人間力。 好きなことを突き詰めて行ける探究心。 ゼロから何かを生み出す発想力。 それを堂々と伝えていく発信力。   私たちは、子どもたちのチャレンジと 「好き!」探しを応援します! 一寸木 真弓  鈴木 由希子

0コメント

  • 1000 / 1000