寺ヨガレポート(遅!(-_-;))

春休みがやっと終わり、一週間が経ちました。

子どもたちが一緒にいると自分でもビックリするほどいろんな仕事が進まず・・・寺ヨガレポートのブログがこんなタイミングに😫


今回のイベントは、「お母さんたちにとって何が嬉しい?」を考えながら企画したのですが、やっぱりイベントは参加してくれる人たちあってこそ。

「今日は楽しもう!」と思いながら集まってくれた皆さんのポジティブなエネルギーが一つになって、最後は本堂いっぱいの大きな輪になりました。築200年を超える本堂で、笑顔でいっぱいの50人で作る輪は圧巻!でした!

親子ヨガといえば、「一人のお母さんに子どもたち」が一組で行うというイメージだったのが、最初に直子先生の「誰とでもいいから6人で輪になって〜」の掛け声が。気づけば初対面のお母さんと手を繋いだり、初対面の子どもたちと笑いながら足をくっつけていたり。

「知らない人」が、「一緒にヨガやって笑った人」になる一瞬の連続。

終わった後、ひとりひとりの発育相談に乗ってくれた直子先生。背骨が歪んでたり、肩甲骨がずれていたり・・・。自宅で毎日出来るエクササイズを個別に伝授してもらいました。

本当はイベントで本堂をお借りしたのは夕方5時までだったのに、「いつまでもいていいよ〜」と仰ってくださった瑞岩寺の太っ腹、長谷川住職。

最初お会いしたときに、「とにかく沢山の人の手を借りて子育てをしなさい」「お母さんが、毎日を気持ちよくすごすことが大切」というお話をしてくださいました。

「この方の子育て話はお母さんたちのためになる!」と今回法話をお願いしたところ、「はい、いいですよ〜」と2つ返事で快諾いただきました。

今回のお話の中では「なんでもかんでも、子どもにやってあげないで。今のお母さんたちは、子どもに手をかけすぎです。」というお言葉がありました。


チーン・・・身にしみますね・・・😥


長谷川住職の紹介ページはこちらから↓

https://www.zuiganji.com/zuiganji/jyusyoku/


「イベントが終わるのって、夕食時じゃない?みんな、せっかくヨガでスッキリしたのに、「あ、夕食どうしよう」って一瞬で現実に引き戻されるよね。じゃあ、夜ごはん、販売できないかな?」

というスタッフの思いつきを形にしてくれた『山下さんち。』も、保育士の資格を活かして託児を担当してくれたのも、参加してくれたほとんども、みんなママ友!!


ママ友バンザイ!のイベントになりました。


参加してくれた皆さん、スタッフとして協力してくれた皆さん、本当に、ありがとうございました!!


「山下さんち。」Facebookはこちらから↓

https://www.facebook.com/akari2929/

Dream Explorer ドリームエクスプローラー

これからの子どもたちに必要なことってなんだろう?   自分の考えをしっかり持ち、 自分とは違う意見を持つ多様な人たちとのコミュニケーションを楽しめる人間力。 好きなことを突き詰めて行ける探究心。 ゼロから何かを生み出す発想力。 それを堂々と伝えていく発信力。   私たちは、子どもたちのチャレンジと 「好き!」探しを応援します! 一寸木 真弓  鈴木 由希子

0コメント

  • 1000 / 1000