ヘアードネーション、髪の毛は寄付できる!③

ヘアドネーションをしよう!切ろう!と思い立ち、バッサリ20cmカットした娘。
切った髪は娘の学校の先輩達のヘアドネーション活動に寄付するため、持ち帰られせて頂きました。

そして先日先輩達に届けてきました。
先輩方、あとはお願いします!

今回初めてのヘアドネーションでしたが、長さがどのぐらいあれば良いのか、どのように切れば良いのか、普通の美容室でもやっているのかなど、疑問も多かったので、分かったことをまとめておきます。

①長さ
以前は、JHDAC(ジャーダック)というNPO法人が日本で唯一のヘアドネーション受付団体で、長さは31cm以上だったのですが、最近になって「つな髪プロジェクト」という新しいヘアドネーションの活動が始まりました。
つな髪プロジェクトでは、15cm以上であれば寄付ができます!

②ヘアドネーションができる美容室を探す
今回何も知らず美容室に問い合わせたところ、ヘアドネーションに関しては手間と時間がかかってしまうため対応できないと言われてしまいました。
そこで調べたところ、ヘアドネーションができる美容室として登録されているお店がたくさんあると分かりました。
ヘアドネーションされる際は、登録がある美容室に行くのが良いかと思います^ - ^




③どのように切れば良いのか
ヘアドネーションをする髪は、結んでから切らないといけません。つな髪のサイトにに詳しい切り方があったので参考までに↓

以上です。

ヘアドネーションは、切った髪、本来なら捨ててしまう髪を寄付するという、小さな娘にもできる社会貢献でした。
切ったその髪がゴミではなくて、どこかの誰かを励ますことに役に立ってくれたら、こんなに嬉しいことはないですね^^

ヘアドネーションがもっともっと広がりますように!

Dream Explorer ドリームエクスプローラー

これからの子どもたちに必要なことってなんだろう?   自分の考えをしっかり持ち、 自分とは違う意見を持つ多様な人たちとのコミュニケーションを楽しめる人間力。 好きなことを突き詰めて行ける探究心。 ゼロから何かを生み出す発想力。 それを堂々と伝えていく発信力。   私たちは、子どもたちのチャレンジと 「好き!」探しを応援します! 一寸木 真弓  鈴木 由希子

0コメント

  • 1000 / 1000