バンクーバーから足を伸ばしてウィスラーへ

バンクーバーの北に位置するウィスラーは、世界的に有名なスキーのメッカ。通常なら、バンクーバーから約2時間で到着できます。平日はバンクーバー市内でサマーキャンプに参加、週末はウィスラーでのんびり、なんていう欲張りプランも実現可能!


今回、スタッフファミリーが実際に帰国前に3日ほど滞在してきました。


「Highwayと呼ばれる道だけど日本と違って信号もあるんだね」なんて地味な発見をしながら北に向かうこと2時間。同じような景色がひたすら続くので、運転手の私は睡魔との戦いでした😅 途中、Highway沿いにカフェがあり、そこでコーヒーをがぶ飲み。

冬のイメージが強いウィスラーですが、夏だってとても素敵。ダイナミックな川の流れにしばし時を忘れます。

お約束のマウンテンバイクをレンタル。(お約束の、と言いたくなるくらいレンタルバイク屋さんが沢山あります。サイズもベビー用のキャリアーから大人用まで豊富に揃っています。)

7歳の長男、実は冬はゲレンデになるコースに挑戦したがったのだけれど、申込みの際に「まずはスクールに入らないと。このコースはあなたが思っているほど甘くないわよ😉」と受付のお姉さんに言われて断念。(しかも、このお姉さんが足にグルグル包帯を巻いていたのでその信憑性は確実性を伴い、息子もおとなしく納得。)

代わりに一番易しいコースを案内してもらって、いざ出発!

坂道がとにかく楽しい長男。この後スピードを出しすぎて大転倒しますが、この時はまだ余裕の笑顔。

湖がとてもきれいで、泳いでいる人たちも多かったウィスラー。

町はレストランやバーなどがたくさんありますが、夜10時には静かになっていたところを見ると、きっと皆早起きをしてゴルフ、マウンテンバイク、ハイキングなど、スポーツに耽るのがウィスラー流の過ごし方なのかな、と感じました。

日数的に余裕があってアウトドアを楽しみたいファミリーの皆さんには、ウィスラーはかなりオススメ☆

Dream Explorer ドリームエクスプローラー

これからの子どもたちに必要なことってなんだろう?   自分の考えをしっかり持ち、 自分とは違う意見を持つ多様な人たちとのコミュニケーションを楽しめる人間力。 好きなことを突き詰めて行ける探究心。 ゼロから何かを生み出す発想力。 それを堂々と伝えていく発信力。   私たちは、子どもたちのチャレンジと 「好き!」探しを応援します! 一寸木 真弓  鈴木 由希子

0コメント

  • 1000 / 1000