次回のボランティアプログラムが決定しました

ボランティア受け入れ先を探すために社会福祉協議会に行きました。


結果的には、自分で開拓したほうが早かったです。

結局、いつもこうです。笑


学校から一番近いところは、時間が合わずにお断りされてしまい、二番目に近いところに電話をしたら、快く受けて頂けることに。

早速、今日ご挨拶に出向きました。


次回の日程は7月8日に決まりました。七夕が近いので、それに因んだ歌、童謡などを企画したいなと思います。

利用者の皆さんは90代の方が多いそうで、いつかは皆さんが体験された戦争の話などを伺う機会などが持てたらと思っています。ゲームの中で簡単に大量殺戮をしてもすぐにリターンキーで命が戻ってくることに慣れている現代の子どもたちにとっても、戦争の恐ろしさ、命の大切さを感じる機会になることと信じています。


7月8日、良い会にしたいです。



そして、いくつもの施設や団体を訪ねてしみじみと思うことがあります。

それは、「上に立つ人が気持ちがいい施設は、働く人みんなが気持ちいい」

これは本当にそうなんです。

デイサービスでも、養護施設でも、学校でも。


じゃあ、家庭で、子どもたちの上に立つ人って、誰だろう?

それは、言わずもがな、親。


親が気持ちいい家は、そこにいるみんなが気持ちいいんだな。

子どもの幸せを考えるなら、まずは、やっぱり、自分、ですよね。


だから、鏡を見て、今日も思います。


とりあえず、笑え! 笑

Dream Explorer ドリームエクスプローラー

これからの子どもたちに必要なことってなんだろう?   自分の考えをしっかり持ち、 自分とは違う意見を持つ多様な人たちとのコミュニケーションを楽しめる人間力。 好きなことを突き詰めて行ける探究心。 ゼロから何かを生み出す発想力。 それを堂々と伝えていく発信力。   私たちは、子どもたちのチャレンジと 「好き!」探しを応援します! 一寸木 真弓  鈴木 由希子

0コメント

  • 1000 / 1000